神戸菊水の歴史

1940年代

社風のルーツは修行時代に

創業者の梅田明治は10代の頃より精肉業界の門を叩き、戦後の混乱の中東京・銀座の有名店で修行を積みました。
神戸菊水伝統の「牛肉佃煮」は、この時に学んだ技術を基に独自の製法を生み出し、今なお継承しております。

神戸菊水伝統の「牛肉佃煮」

1953年〜

神戸菊水の誕生

神戸菊水は昭和28年(1953年)に神戸・湊川に「梅田精肉店」として創業しました。
大通りから狭い路地に入ったわずか4坪の精肉店からのスタートでした。
2年後の昭和30年(1955年)には洋食惣菜店を開店。
さらに昭和40年(1965年)には法人改組しました。

「純神戸肉うめだ」の店舗写真

1969年〜

株式会社メイショクの誕生

加工部門を独立させ、株式会社メイショクを設立し食肉加工品・冷凍食品製造を本格化し現在に至っています。
進取的な取り組みとしてニュージーランドのラムショルダーを使ったタレ漬けジンギスカンや焼肉のタレ「たれ一番」シリーズなどがあります。

2020年10月株式会社メイショクはISO22000の認証を取得しました。
徹底した衛生管理のもと神戸菊水の加工品を製造しています。

1978年

レストラン誕生1978年

昭和53年現在の本社ビル2階にステーキハウス『ゴージェ1号店』をスタートさせました。
その後昭和56年に三宮に進出し、昭和60年に神戸菊水(株)に改名し、1階三宮精肉店、2階にすてーき屋として改装しました。
そして、昭和61年に4階すき焼き、しゃぶしゃぶ専門店『肉の割烹」をオープンし現在に至ります。
(令和元年5月にリニューアルオープン)

ステーキハウス『ゴージェ1号店』

1990年〜

金メダルの味を神戸菊水から

1990年、神戸菊水のハムソーセージを製造していた関連会社メイショクが世界的なコンテストで最高名誉賞を獲得いたしました。
この時、神戸菊水のハム・ソーセージが世界に認められたのです。
それ以来、7年間で5回出品し、トロフィー3個、金メダル28個、銀メダル25個、銅メダル14個を獲得。
現在でも当時の技術を継承し、神戸牛コンビーフ、黒毛和牛コンビーフを製造・販売しております。

2019年5月1日

直営レストラン「肉の割烹菊水」がリニューアルオープン

直営レストラン「肉の割烹菊水」がリニューアルオープンし個室風のモダンで落ち着いた雰囲気に生まれ変わりました。温かみのある店内でしゃぶしゃぶ、すき焼きなどの鍋料理やコース仕立てのステーキをお楽しみ頂けます。

神戸菊水とは

昭和28年に神戸・湊川の地で創業した当店。以来70余年、牛肉が持つ本来の「味」「食感」にこだわり、選び抜いた素材を最良のかたちでお客様に届けることが私たちの使命と考え、精肉店・レストラン・ネットショップなど、様々な事業に取り組んで参りました。
そんな、食とお客様への熱い想いが詰まった神戸菊水の歴史を、少しだけご紹介させていただきます。

おいしさへのこだわり

神戸菊水は肉そのものの『味』を何よりも重視しています。「それはどこのお店でも同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は必ずしもそうではありません。それはお肉の『目利きの方法』と深く関係しています。

全ては、お客様により美味しいお肉を味わっていただくために。創業当時から変わらぬ想いと、長年の伝統で培ったノウハウで、『最高の美味しさ』をあなたの元にお届けします。