ショッピングカートを見る
▼ 商品検索

神戸ビーフとは?
神戸ビーフ
▼ コンテンツメニュー
神戸ビーフとは?
ホーム神戸ビーフとは?
但馬牛の中でもよりすぐりの牛
神戸ビーフとは長年改良が重ねられた但馬牛を素牛とし、兵庫県内の熟練した農家が良質な水や高度な肥育技術を駆使して作り出した「但馬牛」の中でも最高品質の牛だけに許される称号です。
脂肪が筋肉に細かく入り込み、筋肉の鮮紅色と脂肪の白色が鮮やかに交わった"サシ"が特徴的で、熱が加わるとサシは溶け出し回りの筋肉をときほぐしてとても柔らかい舌触りを醸し出します。
この赤身の持つ美味しさと脂肪の香りが溶け合う特有のまろやかさが、世界で愛される神戸ビーフのおいしさの一つです。
神戸牛
神戸ビーフの定義
〜神戸ビーフの定義は昭和58年9月に神戸肉流通推進協議会が発足し制定されました。〜
(1)兵庫県産の血統を受け継いでいる兵庫県内で生まれた但馬牛
(2)協議会指定生産者が県内で肥育し、兵庫県内の食肉センターに出荷された生後28ヶ月令以上
   60ヶ月令以下で子牛を産んでいない雌牛または去勢牛
(3)・肉質等級 脂肪交雑のBMS値がNo.6以上である
   ・歩留等級 「A」「B」等級である
   ・枝肉重量 雌牛は230kg以上470kg以下 去勢牛は260kg以上470kg以下である
※牛枝肉の格付けとは、(社)日本食肉格付協会の格付員により実施され「肉質等級」と「歩留等級」の2つを評価する。
  肉質等級…霜降りの度合いや肉・脂の色合い、光沢などを評価し、決定する。
  歩留等級…部分肉にしたときの赤身の割合。赤身の割合が多いほど歩留が良く、評価が高くなる。
神戸ビーフ定義
神戸肉之証
参考資料:神戸商工だより
神戸菊水ブログ
▼ 会員専用ページ
ログイン

はじめてのお客様へ

新規会員登録
メールマガジン会員募集!
▼ メールマガジン
メルマガ登録・解除
神戸菊水店舗情報

神戸菊水株式会社
〒652-0032
兵庫県神戸市兵庫区荒田町
3丁目40−19

TEL:0120−10−8639
携帯電話・PHS可
TEL:078−511−0345
FAX:078−521−8182

店舗セキュリティ責任者
向井俊樹

店舗連絡先
kikusui@utopia.ocn.ne.jp

インターネットでのご注文は年中無休・24時間受付ており ます。お電話でのお問い合わせは下記の営業時間内にお願いいたします。

定休日 毎週日曜日
営業時間 午前9時〜午後6時

営業日カレンダー
2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
は休業日です。
2つのポイント貯めて使えます GMOとくとくポイント Yahoo!ポイント
GMOとくとくポイント使えます